ダイエットの新常識?

「食べてすぐ寝ると太る」「食後にすぐ寝ると牛になる」
小さいころから、そのように教えられたのではないでしょうか?

いまでも食べた後にすぐ眠ってしまうと太ってしまうという強迫観念を持っている人がいるかと思いますが、実は食べた後、時間を置いてから横になった方がいいというのは、あまり気にすることはないようで、重要なのは1日の食事で糖質を摂り過ぎていなければ気にしなくてもいいのだそうですよ。

jirge.jpg

まぁ、一般的に食事をしてから消化が落ち着くまでには最低でも3時間程度は必要といわれていますから、眠る3時間前に食事を終わらせておくことがベストなのですが、それを厳守し、かえって何も食べないほうが良くないそうですよ。

とはいえ、どんなに遅くても夜22:00までには食事は終わらせておきたいですね。
というのも、脂肪をため込むための酵素を増やす働きのある、BMAL1というたんぱく質は1日のうち22時~午前2時頃に活発に動くようですから、これだけはちょっと気にかけておいたほうがいいでしょうね。

ダイエットで痩せることと健康なカラダというのは、同時に得ることは難しいので、まずは健康第一に考え、無理な糖質制限はさけ、健康なカラダを保ちつつ、ダイエットに励むようにしましょう。

この記事へのコメント