酵素ダイエットの注意点

一般的に、酵素ダイエットからの回復食に良い食事は、味噌汁やお粥などのカロリーを抑え、胃腸に負担をかけないメニューです。

当たり前ですけど、食べる量も当然減らすべきで、できるようであればベビーフードを利用するのもいいでしょう。

市販されているベビーフードを利用してみるとわかるのですが、実にお手軽で、カロリーが抑えられていますから消化もしやすく、噛む回数を増やして時間を掛けて食べるようにすると効果的です。

さて、ひとつの問題として授乳期間中のお母さんが酵素ダイエットをできるかというと、可能といえば可能なのですが、あまり好ましい状況ではありませんし、やるとしてもプチ断食を併せるのは止めておきましょう。

フルーツ満載!

なにせ赤ちゃんにしっかりと栄養を届けることが大切ですし、自分のことよりも赤ちゃんを優先し、カロリーはしっかりと摂るべきで、酵素を豊富に含む生野菜や果物をたくさん食べ、さらに補助として酵素ドリンクやサプリを使用するほうがいいでしょう。

そうやって酵素を多くとるように工夫するだけでもダイエットの恩恵は得られるはずですし、赤ちゃんにとっても悪いことではありません。

世間でよく知られている酵素ダイエットの効果と言えば、便秘が改善され、肌の状態がよくなり、健康になるということ。

便秘が改善されることによって、はっきりと体重は落ちていきますし、皮膚の代謝がスムーズに進んで美肌になることが期待できますし、体内に不要な老廃物をさくさくと出していけるカラダになることで、みるみる健康的になれるはずです。

要するに、健康的な減量が実現できて、減量しても体にダメージはなくむしろ健康になるのが、酵素ダイエットのいいところで、みんながこぞって試してみたくなるダイエット方法なのです。

とはいえ、いいことばかりではなく、酵素ダイエットでの失敗例もあり、中でも特徴的なのが、たくさん酵素を摂っているのだから「太ったりしないだろう」などと思い込み、いつも以上に大量に食べるようになって、それが習慣化してしまうこと。

そもそも酵素ダイエットの中断や不成功によって、肥満しやすい体になってしまう場合もありますので、そういった点には注意して望みましょう。

酵素ダイエットが順調に進めば、それに伴って足痩せの効果もついてくることが多いようです。
どういう仕組みかと言うと、酵素ダイエットを行なうと代謝機能の高まりにより、体内の老廃物がどんどん出され、そのおかげで体に脂肪が溜めこまれにくくなり、これまで女性の多くが苦労していた、厄介なむくみはなくなり、見た目にはっきりと細くなっていくでしょう。

これが、足痩せが実現する過程です。
しかし、さらに効果的に、しかも時間をかけず確実に足痩せしたいなら、体液の流れをよくするためのマッサージだったり、エクササイズなども行なっていくことは欠かせません。

流行の酵素ダイエットですが、これは身体に不可欠な栄養素として注目されている酵素の摂取によって、身体にとって害になりかねない様々な老廃物をすみやかに体外に出すなど、代謝機能を高めてその状態をキープすることで、ひいてはそれがダイエットに繋がります。

一般的には、酵素入りジュースや酵素サプリを飲んでスタートさせるのが普通ですが、酵素ダイエットとプチ断食をセットにするとよりよい効果を出せると考えられています。

まず、第一に酵素を豊富に含む食物は生野菜や果物で、これらを食べ、自然に酵素を摂ることによってカラダにいい生活となりますから、まずは朝食を酵素ドリンクや野菜、果物などに置き換えるようにすると継続しやすくなるでしょう。

けれど、それよりも効果が出るのは、夕食を酵素が多いドリンクや食べ物に置き換えることだと言われています。

なんといっても、食事の中で夕食が一番多くのカロリーを摂るケースが多いため、夕食を酵素に置き換えることによって、よりダイエットが効果的になるのです。

ただし、言うのは簡単ですが、夕食を酵素に置き換えるというのは、なかなかシンドイことで、張り切って頑張ってみても、すぐに止めてしまう人が多いようです。

なにせ、1番の楽しみである夕食を、そっけない酵素に置き換えるわけですから、これはなかなかツライ・・・。

とはいえ、浜田プリトニーさんは、酵素ジュースを利用した置き換えダイエットで約2ヶ月半で体重を10キロ程落とす減量に成功したのですから、続けられる意識さえあれば、確実にダイエットできそうですし、お笑いの髭男爵の山田ルイ53世さんが酵素ダイエットに挑み、毎日の夕食を食べる代わりに酵素ジュースを一食分に代えるやり方で、42日間に18.8キロ減らすという結果を出しています。

要するに、痩せるために何を犠牲にすることができるのか?
それを考えて、ダイエットに望まなければなりません。

ダイエット、ダイエットと皆、簡単に口にしていますが、そうは甘くない世界なのですよ。

この記事へのコメント